医療法人社団カワカミ ウィメンズ クリニック|札幌市西区の産科・婦人科|院内見学・随時実施・妊娠健診・出産・お産

gynecology婦人科

婦人科について

女性の体はホルモンの影響などで年齢とともに様々な変化がみられます。
その変化の過程のなかで以下のような症状が起きた場合は受診をおすすめします。

不正出血、激しい月経痛や月経異常。月経前の体調不良(PMS)。
おりものの量や匂い、色等の異常。下腹部痛、外陰部の痒み・痛み・できもの。性交時痛、頻尿・排尿痛・残尿感など。
カンジダ症、クラミジア、淋病、トリコモナス感染症、HIV、梅毒、B 型肝炎、C 型肝炎等の性感染症(STD)は血液や膣内の分泌物を採取して検査を行います。
旅行や試験・仕事などのため月経を調整することも可能です。

女性のがん検診

女性の体はホルモンの影響などで年齢とともに様々な変化がみられます。
その変化の過程のなかで以下のような症状が起きた場合は受診をおすすめします。

日本では、妊娠以外で産婦人科を受診しにくい風潮があり、がん検診を受ける方が少ないのが現状です。
しかし、がんやその前の段階を早期に発見し、治療などを行うことが重要です。
カワカミウィメンズクリニックでは子宮頸癌、子宮体癌のがん検診のほか、超音波による乳がんおよび卵巣のチェックを行っております。

子宮頸がん検診

カワカミウィメンズクリニックでは、子宮がん検診を積極的に勧めております。
子宮頸がんは子宮の腟側にできるがんです。近年では20歳から30歳代の若い世代に増えております。
出血などの症状があることもありますが、初期では症状がないことが多いです。
ヒトパピローマウイルスというウイルスの持続的な感染が主な原因です。性行為の経験があれば、誰でも感染の可能性があります。多くの場合は一時的な感染で自然に消失し、繰り返し感染します。
進行すると子宮摘出などが必要となりますが、初期に発見できれば病変部分だけの切除などで治療ができることもあり、妊娠も可能です。またがん検診では癌となる前の段階を見つけることもできるため、癌になる前段階での治療も可能となります。
早期発見のため定期的な子宮頸がん検診を受診しましょう。

更年期外来

閉経されると、あるいは閉経が近くなると卵巣からの女性ホルモンが減ることにより様々な症状が出てくることがあります。ほてり、冷え、イライラなどの精神的な症状、肩こりなど、症状には個人差があります。

更年期は誰もが通る道ですが、症状の程度も個人差があります。体調がきつく、日常生活に支障があるようであれば一度受診してみませんか。治療は女性ホルモンを補充する方法や漢方薬を使った治療があります。

体調やご希望に合わせた治療を行っていきますのでご相談ください。

生理のトラブル(生理痛・生理の量が多い・生理不順)

生理痛

生理痛は痛みの程度、症状、痛む期間など個人差があります。それらを他人と比べることもなかなか難しく、それが当たり前と思っている方もたくさんいらっしゃいます。
また生理の量も同様に他人と比べることもないことも多く、ふらつきや階段・上り坂ですぐに息が切れるなど貧血のような症状はありませんか。
これらの症状が病気によって起きている場合もあります。このような症状があるようであれば、がまんなどせず一度ご相談ください。

性感染症検査(STD)

生理不順

生理不順は、ストレスなど精神的な影響で起きる場合もありますが、ホルモンの異常で起きる場合もあります。
また今後妊娠を希望される場合、あるいはすぐではないけれども将来妊娠を希望する場合には、排卵の状態を一度確認してみてはいかがでしょう。
もちろん旅行などのスケジュールが立てにくいので、生理の周期を整えたいという相談でも構いません。